SIPによるDoS攻撃対策

光回線を契約して、ホームゲートウェイなし、光電話オプションで契約し、ユーザ設置のルータを利用する場合、SIPに対するに、DoS攻撃を受けることがある。 現象としては、以下のような場合が当てはまる。 ありえない番号(100とか10000)から電話がかかってくる。 なる回数は、変わる 受話器を取っても、無言か、ノイズが聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Open vSwitch 2.8.0

個人的なメモレベルだけど、Open vSwtich 2.8.0のRelease Noteの翻訳。 OpenFlow1.4が完全にサポートされたことが大きな変更点。さらっと、最後に、次のメジャーバージョンでConntrackの実装が大きく変わると予告されているので、要注意。 v2.8.0 -31 Aug 2017 ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/12 樫本大進、アレッシオ・バックス@東京オペラシティ

1年半ぶりくらいの樫本大進のコンサートだったが、この人の演奏は、スタンダードでありながら変化し続けるという二律背反を容易に破ってしまっている。 モーツァルト ヴァイオリンソナタ ト長調 K.301 モーツァルトのヴァイオリンソナタは、ベートーベン以降とは異なり、ヴァイオリンとピアノのための曲ではなく、ピアノが主になっているという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/16 調布国際音楽祭@くすのきホール

聴いたプログラムは、小菅優「ベートーヴェン詣」2017。 曲目は、以下。  ベートーヴェン:ピアノと管楽のための五重奏曲 op. 16  藤倉大:GO~ピアノと管楽の5重奏のための~(小菅優 委嘱新作)  モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲 KV 452 全体に、広がりを持った演奏であり、また、現代的な演奏でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LFJ2017

今回は、若手の演奏家に絞って、スケジュールを組んだ。 公演番号341 辻彩奈(Vn.)、オーヴェルニュ室内管弦楽団、ロベルト・フォレス・ヴェセス(Cond.) 曲目は、シューベルト「5つのメヌエットと6つのトリオ」、シューベルト「バイオリンと弦楽のためのロンド イ短調」およびモーツァルト「ディヴェルティメント ニ長調」 まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ弦楽四重奏団@紀尾井ホール

今回は、四重奏曲と金子平(Cl.)を迎えての5五重奏曲。 1曲目は、モーツァルトのクラリネット五重奏曲変ロ長調KV Anh91(516c)で、軽やかでありながら深い演奏で、彼らのスタイルを見せるものだった。続いて、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第2番は、消しって、重くはないんだが、重厚な世界が迫ってくるような演奏で、圧倒された。休憩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正義と公共性

脆弱性のあるウェブサイトに関して、通報先が対応しない場合、脆弱であることを公開してよいのかという問題があった。現在は、IPA等の適切な連絡先に連絡することで、脆弱性があるかの試行をしたことによる、違法性は、逃れられる。 しかし、海外で、脆弱性情報の投稿サイトが、サイトが設置された国以外の国に対しての脆弱性を探しだし、投稿後、一定期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの頃のGentooLinux

Gentoo Linuxを使い始めた動機は、とにかく、新しいカーネルを使いたかったからだった。たしか、InternetWeekで開催されていたBSD/Linux Dayで紹介されていたのを知って、手を出した。本家のドキュメントが充実していることも非常に魅力的であった。 使い始めた当時は、2002年ころで、デスクトップで利用し始め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある会社との思い出

契約切れにより、とある会社に移籍することになった。 複数の会社を回って、面接を受けていたが、ある会社に出したところ、話が早く進んだので、その会社に決めた。 その後の、いろいろと理解不能な対応に見舞われたた。 実態は、IT業界の最底辺の会社で、そこの管理職の意味不明な発言を紹介しよう うちは、業務委託だから、安売り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yocto ProjectとGentoo Linux

まず、Yocto Projectは、組み込み向けのカスタマイズしたLinuxディストリビューションを開発するためのツールを提供するためのプロジェクトである。 Yocto Project | Open Source embedded Linux build system, package metadata and SDK gener…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦文彰 バイオリン&ビオラ・リサイタル

全曲ブラームスで構成されたプログラムであり、ピアノ伴奏は、江口玲。 三浦文彰の演奏は、シューベルトの現代的な世界を力強い演奏で表現する。それは、オーソドックスなものであり、奇をてらったものではない。まだ、模索しながら演奏しているように見える部分もあるが、決して、手を抜かずに、正面から向き合った演奏である。シューベルトの現代的な部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮田大 無伴奏チェロリサイタル@サントリーホール大ホール

以前、ラフォルジュルネオジャポンで聞いて気になっていた宮田大の無伴奏チェロリサイタルを聴いてきた。 最初のバッハの無伴奏チェロ組曲1番は、オーソドックス演奏であったが、観客を引き込む力を持っていることを感じさせるものであった。無伴奏の難しさは、リズムを維持することであり、極度の集中力を要する。また、有名な曲であるため、聴衆にも良し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gentoo LinuxのVMイメージを利用したインストール

Gentoo Linuxでは、インストールが他のディストリビューションと比較すると、コマンドラインの入力が必要であったり、手軽に試しにくく感じてしまう部分がある。 そのため、一般に公開されているVMイメージを利用してインストールすることで、容易にGentoo Linuxの環境を用意する方法を紹介する。 まず、Osboxes.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしいセカイのつくりかた6

この漫画のストーリーは、飛び級で海外の大学に進学し、研究を挫折した主人公が女子高の教師となり、トラブルに見舞われながら成長していく物語である。家庭の問題から、自分の能力を認めさせることを選んだことにより、葵は、覚悟を決めた。その結果、自分の居場所を与えられたものから、自分で作ることを選ぶことになる。これで、やっと、ハルカと並ぶことになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VMでGentooLinuxをためしてみた

いろいろ試してみたが、VmwareWorkstation、ESXiのどちらでも、クリーンインストール後、再起動すると、OSが見つからなくなり、起動できないので、VM用のイメージを探してみた。 VM用のイメージは、Stackletというウェブサイトで、各種のディストリビューションのイメージと一緒に公開されている。対応するVMもVMw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やさしいセカイのつくりかた5巻」

飛び級で海外の大学に進学し、研究を挫折した主人公が女子高の教師となり、孤軍奮闘する話である。生徒がさまざまな問題を起こすなか、ついに、主人公が再び研究への道へ踏み出すことを決断する。問題を抱えたままの葵は、ハルカとは、一部ではあるが、本音を明かせるようにはなった。葵にとって、自分の能力は、不幸をもたらすものとしてトラウマになってしまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしいセカイのつくりかた4

主人公である高校教師になった天才と勤務先の女子高の生徒の話というのがこの漫画の説明である。家庭に問題を抱えているという点は、冬子と葵は、同じではある。秘密がばれた葵とハルカで、今後は、一波乱というところで、以下次巻。作者が女性ということもあって、主人公よりも葵たち4人の群像劇に傾いている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やさしいセカイのつくりかた2

1巻が出た当時、内容が理系の天才青年が女子校の講師になるという設定とハルカのツンデレ設定で話題を巻き起こしたが、この2巻では、1巻では手つかずのままだった、葵の問題も過去の経験から生じたものであることが分かり、さらに、主人公の周りもアメリカでのことを含めて、大きく動き出している。普通でいたいというのではなく、自分の才能に正直でいたいとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more